RM MODELS

INDEX

今月のRMモデルズ

RMModels

特集

制御機器最前線
〜もっと運転は楽しくなる!〜

鉄道模型発売ニュース

鉄道模型イベント情報

STOP PRESS!

RMMスタップ徒然ブログ

バックナンバー

NEW MODEL INDEX

鉄道模型製作記事

鉄道ホームページリンク

 

広告出稿のご案内

鉄道模型製作記事
C5752を作る!第3回
鉄道模型製作記事TOP > C5752を作る!第3回 その1
ホビダスで「鉄道模型」を探す
  デフレクター本体はt0.3洋白から自作。周囲のフチ取りは0.2×0.8の帯板を貼り付けた後、t0.1まで薄く削って仕上げた。点検フタはt0.1の燐青銅板、ヒンジはφ0.2線。掴み棒の座はt0.3洋白、止めボルトはφ0.25。





  キャブ屋根各部。吊り金具、信号炎管、暖房安全弁はエコー製(吊り金具は強度不足に思える)。天窓の換気ルーバーはt0.3燐青銅板を並べて自作。側面のレールもt0.3板より自作。後方外側にφ0.2のレールを貼り付けて0.15まで削ってある(レール横の穴はφ0.3)。天窓は可動式でt0.2板より自作。リブはφ0.2線を貼り付けた後、0.15mmくらいまで削って仕上げている。開口部に見える2本の線はストッパーのガイドレールでφ0.25。換気ルーバー取付に伴い、屋根板(自作)も四角穴を切り抜いた。
  公式側キャブ周辺。取り外した屋根の部分には屋根補強の梁を取り付け。縦雨樋はキャブの内側を通っているため、オリジナルの縦樋は乗降用手すりの役目をしている(上部はカットされている)。



  火室下部廻り。火室下部と灰箱上部は一体で成形。斜めの部分は灰箱の上辺に当る。4ヶ所ある上部通風口の奥行きは斜め部分の中間くらいとなる。火室洗口栓は自作。



  テンダー下廻り梁。進行方向の2本は1.5×3.0×1.5のチャンネル。進行方向と直角の梁はt0.3燐青銅板。斜め45度の梁は0.5角線、その上にT字状になるように貼ってある梁は1.5×0.3の帯。台車のセンターピンは上から通すため、穴はφ3.2。梁の間の小さい穴(2つ並んだ穴)は水抜き穴。
ホビダスで「鉄道模型」を探す
ページ先頭へ Next